読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

担降りしました。(嘘)

関ジャニ∞渋谷すばるくんからV6の三宅健くんに担降りしました。


人生でこの言葉を言う日が来るなんて10年間これっぽっちも思ったことなくて「すばたんを降りる時が来るならそれはジャニヲタを辞める時。」って昔ブログに書いたことは今でも覚えてて。結局未来なんてなにもわからないんだなーって改めて感じてて。

担降りなんてほんっとに私の個人的な勝手な感情の変化だけで誰も興味ないだろうし長々と書くのが申し訳ない気持ちもあるけど今のこの気持ちを忘れないように残しておきたいから書きます。

一応担降りは今回で2回目。1回目は小学校5年生の冬。約3年間好きだったヤマピーからすばたんにおりました。その時も子どもなりに悩んで悩んででもやっぱり自分がヤマピー好きってことよりもすばたんを好きなんだよ!ってみんなに伝えたくてっていう気持ちも強かったと思う。

すばたんを好きになってから本当に毎日毎日すばたんのことを考えてて自分の人生で一番好きな人で一生好きな人ってずっと思ってた。

小学生の頃はJr.情報局から始まってYou&Jに入ってJr.情報局は山下名義だったけどYou&Jに入る時は渋谷名義だったこともすごい覚えてる。
その頃はCD買ってDVD見て雑誌を見てそんな日々がすごい楽しくて。コンサートは年に一回だけって親に決められてた。
中学校に入って一年生の春休み初めてエイトのコンサートに行った。(小学生の頃はコンサート経験はNEWSだけ)親に学年で70位以内に入ったら行っていいって言われて69位で本当に嬉しくて嬉しくて。すぐ申し込んで席はチケット表記は10列だったんだけど実質3列目で目の前に本当に目の前にすばたんがいてもう人生のピークだって思ってた。
高校生になってやっとバイトを始めて自分の好きにお金も使えるようになって。そんな時にエイトはちょうどパッチの頃でなんだか凄く遠いところに行ってしまった気がしてて。もともと手が届く存在ではないことも遠い存在な事も知ってるのに何故かそう感じてしまいパッチのチケットは取ったのに行かなかった。もちろんその後行かなかった事は一生後悔してて。
その後は毎年ツアーに入るようにしてゆるゆるではあるけど確実にジャニヲタしてるなー!って感覚はあった。
そしてエイトが8周年を迎えた年。私も高三になり所謂受験か就活かに迫られておたく生活も休もうかな〜なんて思ったりしてはっさいは行かなかった。でも8ESTでスタジアム公演をやるって聞いた時に突然行かなければいけない気がする!って感覚に襲われて姉を誘いチケット譲ってもらい参加した。行ってみたらすっごく楽しくて席は遠かったし豆粒席だったけどやっぱりエイト好きだーって改めて実感した。特に最後の曲が私の一番好きな曲ですばたんがギターを持った瞬間もしかして…?って思って本当にそうだった時嗚咽が止まらなくなった。ある意味一番行って良かったって心から思えたコンサートだったかもしれない。
短大に入学し同時に高知に引っ越してきて周りにエイト好きなお友達もいなくまったりのんびりおたくしていた。ツアーも十祭もリサイタルもなんだかんだ参加した。
ただ去年を除いて。去年十祭から帰ってきて脳内ふわふわのすばたん大好き人間になっていた時期にフライデー。すばたんが週刊誌のるのが初めてじゃない事もわかってるししんだらええねん事件の時も本屋さんで立ち読みした事も覚えてる。でも今回は訳が違って。写真があったらもう信じるしかなくて。その時ツイッターで相手の女性とすばたんの二人の玄関でそれぞれが別々に写ってる写真を比較して違う部屋だとか言ってるおたくがいてでもどうみても同じでなんか本当におたくのしょうもなさにもドン引きして全てにおいてありえないって思ってしまった。すばたんの変装してないところもイライラして、恋愛禁止な訳ではなくても恋愛をしてる姿をアイドルは見せるものじゃないってのは大体の人が思ってるんだからせめて変装くらいして欲しかった。自分の事アイドルっていうならアイドルらしい振る舞いが欲しかった。
あと自分の好きな人には凄い人と付き合ってて欲しくて結婚してほしいって想いがあって。それは本当に私の勝手な理想であって香里奈さんとすばたんの噂ってずっとあって香里奈さんならいいや!って思ってて。それなのに相手の方も私が無知なのもあるけど聞いた事も見た事もない方でそれもなんだか悲しくて。
でもどれもこれも誰が悪いのかって考えたら変装してなかったすばたんが悪いって考えちゃったんだよね。相手の女性の方は失礼だけど顔見て気付かれるほど有名な方ではないから変装しなくても別に構わなかった。でもよく考えると私はすばたんにマスコミとかから逃げるために気付かれないために変装して欲しかったんじゃなくて少しでも「これすばたんじゃなくない?」って思わせて欲しかったんだと思う。そんなことを考えてしまうくらい好きだった。

でもこんな事があっても結局戻ってきてしまってやっぱりすばたんが好きだからリサイタルで約1年ぶりにすばたんの姿みてやっぱり大好きだなって思った。目の前にいるだけでキラキラしててこんなにキラキラしてる人に出会えた事がすでに奇跡だと感じていた。

そして健ちゃんに出会った。

前にも書いたけどきっかけは24時間テレビで。そこからたくさん健ちゃんの動画を見て健ちゃんのことがすごく気になっていた。どうしたって健ちゃんに目がいくし健ちゃんの笑顔を見ると胸がぎゅーってなる。

どちらかと言うと慎重でファンクラブなんかなかなか入らない自分が好きになってわずか一週間ほどで入会した。

その時点でもしかしたらもう決まっていたのかもしれない。

けど自分の中ですばたんを好きな時間ってすごく長くてあと一ヶ月もしないで21歳になる自分が11歳の頃からすばたんを好きで人生の半分すばたんのことを好きでいてそれって自分の中にある唯一の信念というか唯一変わらないものだってずっと思ってた。





ってここまで書いてて。

なんかふと

「私ここまでの想いが健ちゃんにあるのかな??」

ってなってきて、、、、、、

「私めっちゃすばたん好きじゃん!!!!!」

って気付いてしまったので。

担降りしませんでした。
もしここまでの重ーーーい感情が健ちゃんに行った時に降りるかも?とりあえず今は、

すばたんこれからもよろしくね♡♡♡♡